スクラップヤードの許可ー有限会社鈴木商店

query_builder 2021/10/29
ブログ
スクラップ野積み

千葉市が全国で初めて、スクラップ(再生資源物)の野外保管場について条例を制定しました。

行政へ設置の事前許可制度と立地基準を設け、11月1日から施行されます。


千葉市内では、この3年間で11件の火災がおきているほか、汚水がしみ出し土壌が汚染されるなど、トラブルが相次いでいるということです。


具体的な条例内容は、保管前に火災の原因となる電池や油を取り除くことや、汚水がしみ出さないようコンクリートを敷くことなどを定めています。

許可は5年ごとに更新が必要で、許可なく営業したり違反したりした事業者には、1年以下の懲役や罰金が科されるということです。


千葉市の神谷俊一市長は「これまで不法投棄されたごみは撤去できたが、資源物についての規制はなかった。適正な管理をお願いし市民の生活環境をよくしていきたい。」と話しているようです。


この流れをうけて、排出業者はどこにスクラップ処分を委託するのか、を考えることはますます重要になります。


弊社は廃棄物処理法を順守しており、長年の知識や実績もありますので、お困りごとがあれば御気軽にお問い合わせ下さい。

NEW

  • 基板の価値とその処分

    query_builder 2022/05/16
  • お勉強会

    query_builder 2022/03/07
  • 生前整理から介護施設までワンストップ

    query_builder 2022/02/01
  • 年末年始休業のお知らせ-有限会社 鈴木商店

    query_builder 2021/12/27
  • 認知症サポーターがいます

    query_builder 2021/11/29

CATEGORY

ARCHIVE